おすすめ動画紹介記事!
「showtimeを無料で」  お笑い・韓国ドラマ関連を無料で観る方法
「こまねこ」  かわいいねこのコマ撮り動画
奪われた刑事 / Snatches 「あるよ!」のあの人が作ったネットムービー
おすすめカテゴリ
インターネットムービー  THE BRIDGE など本格的ムービーあり
その他動画 ハマル動画命令を与えろ!
CM シャネルのCMはムービーのよう
その他おすすめ記事
インターネットムービー初心者の方へ  動画が観れない時など
[PR]
TOEICで750点保証するソフト!点数に満たない場合全額返金します!
2005年11月05日

グリーン・デイズ

グリーン・デイズ

出演:主演は中村知世(スウィング・ガールズ)菊池美遊(新ヤンママトラッカー)、吉永雄紀(おにぎり)、石井里弥(バトルロワイヤル)、加々美正史(仮面ライダーブレイド)、朝岡実嶺(銭道4)

フェイク・ドキュメンタリー
ドキュメンタリ風のフィクションというのは始めてみました。
いや、違うか、「ブレアウィチ・プロジェクト」が初めかな。
意識してないうちに観ているかも。

ストーリー&感想:☆☆☆☆☆
高校生の女の子二人がヒッチハイクを繰り返しながら、ある目的地へ。
それを追ったクルーたちのドキュメンタリ風。

撮る側は、目的地を明かさない彼女たちは自殺しに行くんじゃないかとか、先に謝礼としてお金を渡してしまうのはヤラセになるんじゃないかとか、葛藤しつつ二人を追います。
いろんな傷を抱えているのに、明るく振舞う高校生の様子や、二人を見失ったり、ピンチに陥った時、クルーの女性が映すなとカメラを叩いたり、いろんなところでこれは本当にドキュメンタリじゃないのかと思ってしまうほど、リアル。

演技もとても自然だと思う。
女の子二人がいろんな人に声をかけて、車に乗せてもらうというのが危うく感じられ、最初からぐいぐいと引き込まれていきました。
最後も変に感動的じゃない感じが良かったです。

ブレア・ウィッチ・プロジェクト デラックス版
B00005FX2Uヘザー・ドナヒュー エドゥアルド・サンチェス ダニエル・マイリック

おすすめ平均
starsシンプルな映画
starsプロモーションで成功した映画
stars視点を変えて観てください
stars酔う
stars主人公の目線と同化して怖い

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


スウィングガールズ スタンダード・エディション
B0006ZJAZK上野樹里 矢口史靖 貫地谷しほり

おすすめ平均
stars山形県の観光振興に結びつけば・・・
stars高校生ジャズバンド
starsラストは素晴らしいが、そこに至るまでの描き方は疑問
stars矢口監督
starsおもしろい!

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
posted by イムサ at 05:43 | Comment(0) | TrackBack(1) | ドキュメンタリ|Topへ
2005年10月04日

ISM〜人間の盾〜

「ハナのランドセル」「ISM パレスチナに向かった若者たち」

上記タイトルの2本を見ました。
右上のMOVIE STARTをクリックで。

人間の盾としてパレスチナにいる日本人のドキュメンタリです。

彼らに対して、二つの感情が芽生えます。
それは「賞賛」と「批判」。

自分の身も危ないのに他人のために何かをする・・・それはいいことだと思います。
でも、本当は他人のためじゃなくて、自分のためだと認識して欲しいです。
ボランティア自体そうですが、他人のために何かをしている自分、感謝してくれる人の存在が嬉しくてしているんです。
要は自分のため。
それでいいと思うんですが、それ以上に自分の行動を美化しすぎるところが問題です。

「パレスチナに向かった若者たち」
の中に「彼らのためにしているのに」という言葉が出てきます。
そのセリフがとても嫌です。
その言葉の裏には「オレ様に感謝しろよ、お前たち!」という気持ちがみえちゃいます。

感謝してくれる人には逆に感謝すべきだし、そうでない人がいるから、すぐに理解されないからと不平を言うのはお門違い。

それから「自己責任」という言葉。
一時期流行りましたね(^_^;)
どうしたら、責任をとったことになるんでしょうか。
もし、亡くなるようなことになってもあきらめるということでしょうか。
誰が?
一番つらいのは周りの人。
「どうして止めなかったんだろう」と後悔して生きていくことになるのに、それについてはどう責任をとるんでしょう。
旅行の途中で参加、とかって最悪。
ちゃんと周りの人に理解してもらってから参加すべき。
それでも、迷惑がかかるところは他にもいっぱいあることはわかってなくちゃ。
生きて帰国する事が最低限の自己責任。

批判ばかり書いてますが(^_^;)
「そんなことしてもムダ!」と冷めてる人よりは、いいと思ってます。
そして私は冷めてる人・・・彼らはわたしより、人間としてマシ・・・かな。
posted by イムサ at 15:51 | Comment(0) | TrackBack(0) | ドキュメンタリ|Topへ
2005年06月01日

お茶プロジェクトX

アサヒのお茶、若武者ができるまでをが出来るまでをプロジェクトX風に仕上げたものです。
若武者物語

前回の記事で紹介した「ニッポンの挑戦 インターネットの夜明け」は面白く観たのですが、
コレはイマイチでした。
なぜかはわからないですけど。
こんなにすごいんですよーというのが前面に出ているせいかもしれないです。
紆余曲折があまりないというか。
新しい発見「へー」といのがあまりなくて「ふーん、そうなの」って感じで終わりました。

若武者はまだ飲んでないですけど、どうなんでしょうか。
機会があれば飲んでみます。

人気ブログランキングに参加中!
posted by イムサ at 08:12 | TrackBack(0) | ドキュメンタリ|Topへ

インターネットは犯罪?!

ニッポンの挑戦 インターネットの夜明け前編」
最近、プロジェクトX風の動画が増えてきました。
と、これはプロジェクトXを制作しているところが作っているのかNHKエンタープライズ制作となっています。

見応え充分!
アメリカの技術をそのまま持ってきただけだと思っていたインターネット。
日本でこんなにいろんなことがあったなんてびっくりです。
一番驚いたのはインターネットは犯罪だった(と言い切っていいのかどうかはわからないですが)んです。
まず、電話回線をナイショで不正使用していたらしんです(ただし・・・あとは見てください。)
メールでのやり取りは郵政省が許さなかったり、LANはいいけどWANはだめだったことなど、学校同士がネットワーク化するのはいいけど民間企業とはだめだとか、日本らしい理由だなとおもってちょっと憤りました。

家庭内LANも邪魔くさいなーと感じていましたが(毎回LANの設定を元に無効にするから悪いんですが)、コレを観て、簡単にしてくれてありがとう、と思いました。
インターネットがあるおかげで、どこにいても仕事が出来るのがすごくありがたいです。

面白いんですが、長い!
1話10分前後で12話あるんです。
またこれが「前編」と書かれているから一体何時間必要なんじゃい!
と突っ込みたくなります。
前編の配信期間は6月30日まで、7月1日から後編が配信される予定です。

まだまだ時間はありますが、毎週3話は観ないと追いつきません。
観たい人は頑張れ!
私はあと2話残ってます。
きっちり、今から観ます。

人気ブログランキングに参加中!
posted by イムサ at 05:55 | TrackBack(0) | ドキュメンタリ|Topへ

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。