おすすめ動画紹介記事!
「showtimeを無料で」  お笑い・韓国ドラマ関連を無料で観る方法
「こまねこ」  かわいいねこのコマ撮り動画
奪われた刑事 / Snatches 「あるよ!」のあの人が作ったネットムービー
おすすめカテゴリ
インターネットムービー  THE BRIDGE など本格的ムービーあり
その他動画 ハマル動画命令を与えろ!
CM シャネルのCMはムービーのよう
その他おすすめ記事
インターネットムービー初心者の方へ  動画が観れない時など
[PR]
TOEICで750点保証するソフト!点数に満たない場合全額返金します!
2005年09月28日

Gyao視聴状況

最近、Gyaoしか見ていないという低落ぶりっ。
せっかくなのでその感想などをまとめてみます。

現在のドラマ

今、オススメなのが
「康熙王朝」☆☆☆☆☆
(12/31まで現在14話 毎日1話ずつup いつでも1話から観られます)
清時代の名君、康熙の一生を描いた大河ドラマです。
現在BSjapan朝7:20からも放送中。

ヒトクセもフタクセもあるヒトばかりでてきます。
それぞれの思惑がからみあって、ちょっとぐらいいいヒトは消されてしまったり、
完全に悪いヒトではないんだけど、朝廷ではあまりにも力があるために謀反をたくらんだり、
それをどうやって采配していくか皇帝と大臣との駆け引きなんかが面白いんです。
また、皇帝は最初はまっすぐだったのに、だんだんと疑り深くて嫌な感じになるところなんかは哀しくて・・・。
恋愛はほとんどないんですけど、女性はなんだかかわいそうなお話です。

「ラストエンペラー」☆
(12/31まで現在14話 毎日1話ずつup いつでも1話から観られます)
3話めで挫折中。
溥儀と康熙、同時に見ると溥儀の魅力がなさ過ぎて、完全に見劣りしました。
今後面白くなるのかなー。

「イヴのすべて」☆☆
(現在14話 毎週日曜日UP 最新だけしか見れない)
以前におすすめとか書いたんですが、ダメです・・・。
動きが小さく、飽きてきました。

「ファースケープseason2」☆☆☆
(現在14話 毎週土曜日UP 最新だけしか見れない)
相変わらず、観てます。
面白いです。もう、何も言うまい。
(追記)ちょっとパワーダウンしてきたかなー
「ファースケープseason1」☆☆☆☆
再放送です。1話から見れます。

「インヴェイジョン 〜侵略〜」☆☆☆
前・後編 9/28 まで ってもう終わりやん!
これ私の知る限りでは2回目です。
またやるかも。

「原味の夏天〜僕たちの終わらない夏〜」☆
(現在9話 毎週土曜日UP 最新だけしか見れない)
5話で挫折。
心の中の言葉がナレーションで入っちゃって、深みが全くない。
意味深なシーンも、バレバレで説明ドラマ。

「ジュリエットの男」☆☆☆☆
(現在2話 毎週木曜日UP 最新だけしか見れない)
これは贔屓目かも。
チャ・テヒョンのためのドラマ!
好きになった彼女のために遊び人から社会人へ成長していく。
企業戦争、M&A、証券取引法違反とか、そんなところも面白い。
すでに違うところで全話視聴済み。
未だに人気の「冬のソナタ」を抜いてとうとう一位に。

「クァンキ」出演:ウォン・ビン、イ・ドンゴン(若い!!)
(10/4まで現在1話 毎日1話ずつup いつでも1話から観られます)
まだ、1話だけなのでなんとも言えませんが。期待度は大。
広告の専門学校に通う学生たちのお話。
1話では、落ちこぼれを集めて広告を作って評価を得ようとしています。
たまーに広告に関する仕事をしたりするので、一緒に考えて観ているので楽しいです。

「彼女はボス」出演:リュ・シオン
(10/4まで現在1話 毎日1話ずつup いつでも1話から観られます)
えーっと、リュ・シオン好きにはたまらないと思います。
その王子様ぶりはいいのか、と(^^)
ケンカは強い、仁義には厚い、パワフルなヒロインが大好きです。

「元祖! アホでマヌケなアメリカ白人」☆☆☆☆
2本立てです。最後までみましょう。
マイケルムーア監督、普通のおじさんっぽいのにやることは徹底していて、凄い。
社会的な話題を扱っているのに、低俗といわれた「電波少年」のような笑いはたまりません。
だけど、きっちり大企業も動かしてしまう所なんかは、尊敬に値します。
残念なのはアメリカ人だとわからない笑いがあったりするのです。

以下観ていないもの もしくはすでに視聴済みのために観ていないもの
「サンドゥ 学校へ行こう 」☆☆ 最後まで何がいいのかわからずじまい。
「天国の子供たち」 1話は期待できそうな雰囲気でしたが、結局見なかったです。
「裸足の青春」 1話に乗り遅れて見なかったです。
「冬のソナタ」 ☆☆☆☆ もういいでしょ。





現在の映画

「少林サッカー」☆☆
わたしは苦手です。でも男性には大人気?

「スピル/最終汚染」☆☆☆
無許可で作られた生物兵器が研究所から持ち出され、その輸送トラックが事故を起こした。
そして汚染が始まった。
死亡率100%! 感染確実! ってオイ、ととりあえず突っ込んどこう(^_^;)
生物兵器のわりにその悲惨な状況はあまり描かれていなくて、感染者が逃げ出すところが中心です。何にも考えなくてもわかりやすい映画なので疲れた時の息抜きにどうぞ。
でも最後が納得いかないよー。
そんな終わり方でいいのか!
もっと邪魔されないの?


「コール」☆☆☆
11/1(火)正午まで
誘拐犯がケヴィン・ベーコン、誘拐されるのは名子役ダコタ・ファニング、その母親はシャーリーズ・セロンとなかなか豪華。
誘拐された娘は喘息持ちで母親は、誘拐犯に牙をむきます。
これを言っちゃあお終いだけど、大人しくしとけば、あんなこともこんなことも起きずにすんだのに、と思ってしまいます。
犯人は結構頭がいいと思われるんですが、母親に襲われるあたりはなんとも間抜け。
気づけよといいたい。ちょっとはエッチなシーンも入れとかなきゃ、って制作側の意図が見えるようです。そのあたり全体不自然だと思うのは私だけでしょうか。
父親のやることも不自然だけど。
また、最後の派手なシーンも、映画なんだから爆発したりアクションっぽいのも入れとかなきゃって思ったでしょ!? と感じましたよ。
やること無茶すぎ。
否定ばっかりだけど、そう思いつつもついつい最後まで見てしまいました。
退屈ってことはない。

タイムライン☆☆☆
11/1(火)正午まで
過去に置き去りにされた博士をさがして、10年戦争中のフランスに行った学生たち。
博士を探し出し、連れ帰る事はできるのか。

設定はむちゃくちゃでした(^_^;)
物質転送装置を作ってたら、なぜかタイムマシンになった。
人は殺すし、歴史を変えてるし。
でも、細かい事は気にしなかったら、なかなか面白かったです。
最初少し退屈ですが、いろんな設定が盛り込まれているので、きっちり見ておかないと???となります。

「スピル」か「コール」か「タイムライン」かと言われたら「タイムライン」かな。


「マッハ!」☆☆☆☆
10/1(土)正午まで
村で大事にしている仏像の頭が盗まれた。
それを取り戻しに町へ。
ストーリーはこじんまりとまとまってる感じです。特に可も不可もなく。
それよりもやっぱりアクション。
ワイヤーを使わず、ここまでやれたら凄いです。
オススメ。
再放送の可能性が高そうです。

『帝都物語』☆☆
10/17(月)正午まで
公開当時話題になってましたが、そのころはまだグラフィック技術が未発達のため鬼がコマ撮りなんですよね。それからロボット(?)の古さがまた、笑わせてくれます。設定が大正時代なのでその頃にしてはハイテクなんでしょうけど・・・。
突っ込みどころが満載でした(笑)
ある意味面白かったかも。

『帝都大戦』☆☆☆
10/17(月)正午まで
今回は超能力での戦いで『帝都物語』よりは古さ感が少なくなってたんですけど、もう、何がしたいんだか、前作を見ていないと意味がわからないです。
なんで平将門にこだわるのか・・・。(前作見てもイマイチわかりませんが)
そしてなぜ安倍晴明なのか・・・。すでに設定から消えてるかも。


『ハイ・アート』☆☆☆☆
10/25(火)正午まで
編集者アシスタントになったばかりの女性シドは、野心家。彼氏あり。
水漏れするので上の階に行った所、出会った女性カメラマン、ルーシー彼女と恋に落ちる。彼女あり。
同性愛の三角関係。
たんたんと流れているようで、いろんなエッセンスが含まれて、不思議と心に残るんです。
ドラッグの危うい感じとか、その中で光る写真(アート)とか。
同姓愛と言えどもやっぱり恋愛は一緒なんですが、普通とは少し違う危うさがあります。
それは、登場人物の独特さなのかも知れないですけど。

武士☆☆☆☆
明の姫を蒙古が捕らえ、それをみた高麗の将軍が姫に惚れてしまう。
姫を救い出して城へ連れて行けば、
明と高麗の関係が修復できるからとみんなの反対を押し切った。

戦闘で血が流れるシーンの描写はちょとキツイ。
特にクライマックス。なにもそこまで・・・と思いました。
けど、描かれている男たちはカッコイイです。
書き出したら、キリがないくらい。
また、小さな話もいい。
守ってあげたいという気持ちがいかに人を変えるか、強くするか描かれています。
時間が許せば、もう一度みたいです。


映画も全部観たいけど時間がないよー。

バラエティ
「週末の恋」
Gayoオリジナルです。
某番組のパクリっぽいわけで、週末の恋って言っても嫌じゃなかったら、とりあえずいっとくでしょ。と冷めてました。
でも、思ったより面白かった。
某番組はかなり気を使ってると思うんですよ。
批判が強く出そうなところはカットでしょうし、膨大なテープからその時に必要なものだけ放送するから、細かいところがわかりづらいですが、これは性格がはっきりでてます。
そしてコミニュケーションの勉強になります。

1回目見て思ったのが「ブチくん、トークじゃなくてスピーチになってるよ」ってこと。
二人っきりになってした話が「最近の若者について」と「会津若松について」とは・・・。
一方のジンくんは買い物に連れて行ってます。
うまいね。
二人で同じ体験をするというのはいい方法。


人気ブログランキングに参加中!
 クリックしていただくと、ブログランキングのページが開きます。すると私にポイントが入ります。そして上昇したポイントを確認して、私は記事を読んでよかったと感じてくれている人がいるんだと、嬉しくなってまた頑張れるというシステムです。
参考になったと思ったら、ぜひ、クリックで応援を! あなたの愛の手を!
posted by イムサ at 12:02 | Comment(1) | TrackBack(0) | Gyao|Topへ

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。